お歳暮とは

日本の良い習慣を、新しいスタイルで。メール・SNSで「選べるお歳暮」を贈ろう!

お歳暮は、お世話になった方に感謝の気持ちを込めたり、またこれからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて贈り物をする日本の習慣です。もともとお歳暮と言えば、以前はお世話になった人に贈るものが中心でしたが、近年では社会生活を営む上でお世話になった人だけでなく、親愛の情を込めて友人・知人や親族にも贈るお歳暮へと少しずつ変化してきました。

お歳暮の由来
お歳暮という言葉は、もともとは年の暮れ、年末(歳暮=さいぼ。せいぼ)という意味を表わす言葉でした。毎年、年の暮れになると、一年間にお世話になった人に贈り物を持参してまわる習慣ができ、これを歳暮回り(せいぼまわり)と言うようになり、やがて、贈答品そのものを「御歳暮」と呼ぶようになり、現代に至っています。
お歳暮を贈る時期
12月上旬から12月25日頃までに、相手に届くようにします。年を越してしまいそうな場合には「御年賀」(松の内である1月7日まで。関西地方では15日まで)とし、それ以降は「寒中御見舞」「寒中御伺い」(大寒が終わる2月3日頃まで)として贈ります。

facebook facebook
お問い合わせ先
メルパケ ギフト事務局
0120-700-490
(受付時間:AM10:00~PM5:00、※土・日・祝日及び年末年始を除く)